サクラの常套手段としては架空請求がよく知られています。利用していないサービスの料金を請求したり、半強制的に会員制のサイトに入会させ、高額な会費を請求したりする手口ですね。支払いを拒もうとすると、自宅に請求書を送りつける、家族に出会い系の利用を知らせるなどと脅し、無理やりに料金を徴収しようとします。基本的に、身に覚えのない請求は無視すれば問題ないのですが、新たな手口として「無視のできない架空請求」が増えています。

法的な手続きを行なう悪質サイトをご存知でしょうか。例えば、簡易裁判所から送られてくる督促の書類を無視し、放置していると、最悪の場合は「支払いの義務」が生じてしまいます。悪質な出会い系サイトは、これら法的な手続きや書類を悪用して、無理やりに料金を請求する場合があります。中には少額訴訟にまで発展した例があるため、架空請求といえ一概に「無視すればOK」というわけではないようです。

中には法的な書類を装い、強制力のない請求を行い、あたかも公的な債権であるかのごとく取り立てる業者もいます。もし、裁判所や公的な機関から請求がなされた場合には、必ずその書類の真偽を確認するようにしてください。消費者センターなど、無料で相談を受けてくれる機関も多数存在します。