いまや空前の婚活ブーム。出逢い系の中にも、結婚を前提とした出逢いを提供するサービスが増えてきました。一生のパートナーを探すという目的で、婚活にはかなり贅沢にお金をかける方も少なくないようです。よって、サクラに騙されると被害額も高額になるケースが多く、深刻な事例も数多く報告されています。中には、お見合いパーティや合コンなどのイベントを主催する悪質サイトもあり、婚活に関するサクラ行為は、手口が大掛かりな点に特徴が見られます。

婚活に関する被害でまず認識しておくべきなのは、「結婚を前提に肉体関係を持っても罪にはならない」ということです。もちろん、道義的には大いに問題がありますが、法律上は処罰の対象となりません。サクラ行為、および結婚詐欺として立件されるのは、あくまで「結婚を約束し金品の提供を伴う行為」に限定されます。従って、明らかにサクラ行為見なされる案件であっても、結婚の約束が曖昧だと、立件は難しくなります。

サクラもこの点はわきまえていますから、明確に結婚を約束するようなことはしません。好意を示す姿勢を見せながら、何らかの理由でお金を借りようとしたり、サービスや商品の購入を促したりします。一般に、婚活サイトは安全性には定評がありますが、必ずしも真剣に出逢いを求めているユーザーばかりではない、ということは覚えておきましょう。