悪質な出逢い系サイトを利用し、架空請求のトラブルに巻き込まれてしまうケースが多数報告されています。落ち着いて考えれば、架空請求の多くは無視することで対応が可能なのですが、中には「強制執行」、「最終通告」などの文言でプレッシャーを与える請求もあって、つい支払いに応じてしまう方も少なくないようです。家族に知られたら、勤め先に請求が着たら、という不安も、請求に応じる原因となってしまうようですね。

リンクをクリックすることで半強制的に課金を行うような、いわゆる「ワンクリック詐欺」の被害も増えています。何気なくWEBサイトを閲覧していたところ、急に有料サービスに移行したり、会員登録されてしまったりする事案が多いようです。特に悪質な出逢い系は、サービスの実体がなくても見せかけの事業が成立してしまうため、詐欺の温床になりやすいようです。

どうしても気になる請求がきた場合には、弁護士などの専門家にアドバイスを仰ぐとよいでしょう。問い合わせには無料で対応してくれる専門家も多いようです。消費者センターなどの公的機関、NPO団体なども相談に応じてくれます。一人で悩むのではなく、できるだけ早い段階で第三者の協力を得ることをおすすめします。